大阪のお楽しみスポット

大阪の出会いカフェ・出会い喫茶について解説

大阪には、誰でも女性と簡単に出会うことができる出会いカフェ(出会い喫茶)が何軒かあります。

出会いがうまく行かない時は出会いカフェを利用してみるのもいいかもしれないね
akira
akira
出会いカフェか……。大阪では流行ってるのか?
shinji
shinji
いや、特に流行っているわけでもないけど、それなりに利用している人はいる。そもそも、出会い喫茶発祥の地は大阪だからね。
akira
akira
ふーん。出会いカフェにはなんかメリットあるの?
shinji
shinji
メリットは女性の顔を生で見て選ぶことができる点。だから、女性来店数の多い店で美人が来るまで粘れば、ブスに当たることはない
akira
akira
ほう、それはいいね。じゃ、デメリットは?
shinji
shinji
金がかなりかかるということかな。店に3千円~5千円払って女の子にも3千円~5千円ぐらいお小遣い渡して居酒屋やカラオケに行けば二人で8千円ほどかかるだろ
akira
akira
それはちょっと高いな……
shinji
shinji
でも、連絡先を交換して同じ子と二回目に会う時は店に行かなくてもいいし、居酒屋とかもナシにすれば、あまり金をかけずに会えることになる
akira
akira
そうだな、それなら金はかからないね
shinji
shinji
キャバクラや風俗に行くよりは面白みはあるかもね。
akira
akira
ふーん
shinji
shinji
でも、出会い系サイトならタダマンが狙えるからね。一度タダマンを体験すると病みつきになっちゃって、女に金とか払う気、なくなったちゃぅんだよな。
akira
akira
そりゃまぁ、男なら誰でもタダマンの方がいいよね。
shinji
shinji

出会いカフェの場合、お店によってルールや料金はかなり違っているので、店に行く前に予備知識が必要となります。

そこで今回は、そんな大阪の出会いカフェのサービス、料金等について解説してみました。

大阪の出会いカフェの特徴

露出度高い服を着た女性
大阪の出会いカフェの特徴として、入会するのに身分証明書の提示が不要な店が多いんだ
akira
akira
えっ、他の地域だと身分証明書を見せる必要があるのか?
shinji
shinji
東京の出会いカフェの場合、見せなくても入れるけど、その代わりビジター料金で結構支払う金額が高くなる、というケースがよくある
akira
akira
えーっ、俺、出会いカフェに本名とか住所とか絶対教えたくない!
shinji
shinji
そうだろ、誰でもそうだよな。その点、大阪の出会いカフェは東京と比較するとあまり細かいことはごちゃごちゃ言わないで、自由な感じがするね
akira
akira
なんかその方がいいね。気軽に入れそうで。
shinji
shinji
あと、大阪の出会いカフェは料金も安めで、3,000円程度払えばトーク料も連れ出し料も無料で、長時間いれる店が何店舗かある。
akira
akira
ほう、3,000円なら暇つぶしにちょっと覗いてみる、っていう使い方もできるな。
shinji
shinji

実際に女の子と出会えるの?

以下で紹介している出会いカフェでは、所定の料金を支払えば確実に女の子と出会うことができます。

それだけでなく、3,000円~5,000円程度のお小遣いを渡せば、年を取ったおじさんやモテない男性でも一緒に食事をしたりカラオケデートをしたりすることができます。

もちろん、一度会って連絡先を交換したら、その後は店を介さずに会うことも認められています。

ただし、出会い系サイトなら無料で女性と会えることも多いし、タダでSEXまでこぎつけられることもありますが、出会いカフェの場合、無料で女性とデートできることはほぼ無いので、その点は頭に入れておく必要があります。

出会いカフェメイツ

出会いカフェメイツは現在、大阪で勢いのある出会いカフェです。

というのも、大阪の繁華街、道頓堀の一角にあるお店のため、立地がとても良いということが影響しています。

お店のすぐ近く、徒歩1~2分程度の場所に日本橋のホテル街があるため、知り合った女の子は、簡単にホテルに連れ込むことができます。

また、カラオケや居酒屋などに行く場合にも、道頓堀、心斎橋、なんばといった繁華街にいくらでも店があるので、そういった意味でも便利なお店です。

そのため、特に若い女性がどんどん来店中。

ちなみに、女性の来店状況は公式HPやTwitterで、ほぼリアルタイムで確認できます。

メイツの店内は男性が座る席は自習室のような雰囲気で、パソコンが机に置いてあります。机には顔が見えないように両側に衝立が。

そのパソコンでは来店中の女の子の顔を動画で見ることができます。

気に入った女の子を見つけたら、店員に声をかけてトークルームでお話をして、条件が合ったら外出するというルールになっています。

ちなみに外出料とかは必要ありません。

こちらは5,000円払えば一日中出入りし放題なので、かなり格安に女の子をチェックすることができます。

また、個室のVIPルームもあるので、あまり他の男性に顔を見られたくない人はVIPルームを利用するとよいでしょう。

出会いカフェメイツ

営業時間 11:00~24:00(年中無休)
公式HP https://mates-c.com/
住所 大阪府大阪市中央区宗右衛門町3ー17 東宗衛門タワー6F
料金 3時間3,000円。時間無制限5,000円。VIPルーム1時間1,000円(追加料金)。トーク料無料。時間内出入り自由。フリードリンク。カード利用可

えんじぇるはーと

えんじぇるはーとは、系列の逆ナンパ店、らいおんはーとともに、大阪の梅田、京橋、日本橋、難波、十三に支店を展開する出会いカフェのチェーン店です。

えんじぇるはーとも図書館の自習室のような雰囲気で、机にはパソコンが置いてあります。

パソコンのモニターで女の子の顔などをチェックして、気に入った子がいれば店員に告げてトーク、外出、という流れになります。

要するに、出会いから外出までの流れはメイツと似たような仕組みです。

利用料は2時間3,000円で女の子の連れ出しは無料、トークも無料と、大阪では比較的低料金といえるお店ですね。

えんじぇるはーと・らいおんはーと

公式HP https://www.deai-angel.com/
営業時間 なんば店、十三店11:00~23:00。京橋店、日本橋店、梅田店12:00~24:00
料金 入会金5,000円(無料キャンペーンあり)。2時間3,000円。トーク料、連れ出し料は共に無料。

マンキ・ツーバ

マンキグループは大阪の出会いカフェの原点となったグループです。創業は1999年という老舗出会いカフェとなります。

こちらは梅田や難波に支店を出しています。

マンキとツーバの違い

マンキは男性ルームと女性ルームが分かれていて、男性は各席にあるパソコンの画面で来店した女の子の顔などをチェックします。

これに対してツーバの方は、男性スペースと女性スペースは一応分かれてはいますが、距離も近くて丸見えです。生で女の子が見れる、というのがツーバのメリットです。

ただ、もちろん男性の方も丸見えということになります。

マンキもツーバも、気に入った女性がいれば、店員に言えばトークルームに案内してもらえて、一対一でトークができます。

マンキやツーバは老舗ということからか、他の出会い喫茶よりも料金は高めになっています。

マンキ・ツーバ

公式HP https://e-51.jp/
営業時間 マンキなんば店、うめだ店、ツーバ難波店、梅田店 12:00~23:00
料金 マンキ各店 入会料無料、入店料1時間1,000円。トーク料3,000円。ハッピー料(連れ出し料)3,000円。フリートーク料6,000円(トークし放題+連れ出し料がセット)
ツーバ 入会金10,000円(入会金サービスキャンペーンあり)。入店料2,000円(時間無制限・一日出入り自由)。トーク料2,000円。ハッピー料(連れ出し料)6,000円。

出会い系トーク喫茶 花花

こちらは風俗街、日本橋のすぐ近くにあるお店です。

こちらのお店、1日3,000円で出入りし放題。

マジックミラーなどもなく、店内はカフェのようなフリースペースに男女が行き来しています。

気に入った人がいれば自由にお話ししてみて、条件などが合えば外出する、というパターンです。

外出料、トーク料なども無料です。

おそらく大阪で一番安い出会いカフェではないでしょうか。

また、歴史も長くて創業はなんと1998年!

20年以上も続いているお店です。

無料のカップル席(ボックス席)ならば、女性とツーショットでお話することもできます。

気軽に出入りできる雰囲気のお店なので、見学気分で気軽に覗いてみるのも良いですね。

花々

公式HP http://hanahana.org/
営業時間 11時00分~23時00分 年中無休
住所 大阪市中央区日本橋1-4-1ピンクカーサービル2F
料金 3,000円で一日出入り自由。トーク料、連れ出し料無料

大阪で無料でセックスできる女性を探す方法については、以下で解説しています
大阪セフレ探し・女性と出会える場所から攻略法まで全解説